「仮想通貨マイニングマシン」という、その名の通り、マイニングを個人で行うための専用機が発売となっています。

当サイト評価として、ご購入はまったくお勧めしませんが、理由とともにレビューしていきます。

名称:仮想通貨マイニングマシン
販売者:株式会社ケンコンサルティング
内容:マイニング専用パソコン
価格:561,600円

こちらの商材は、情報商材ではなく、パソコン本体ですね。
そちらを受注生産の上、届けるというサービスになっています。

 

運営者の「株式会社ケンコンサルティング」さんは、投資関係の商品を販売しており、
これまでに、株式・為替のトレードツールの開発があります。

 

商品の検証に入る前に、「仮想通貨のマイニング」に関して、ごく簡単に確認しておきましょう。

仮想通貨のマイニングとは?

2017年のビットコイン急騰、そして2018年の急落によって、仮想通貨の認知度は一般的にも高まってきました。

この仮想通貨は、コンピュータの計算によって生まれるものですが、国がコンピュータで生み出しているわけではなく、個人や企業がパソコンの計算能力を持ち寄ることで、計算を行い、生み出されているものです。

 

このように個人や企業が分散して、仮想通貨の運営を担っており、そのための計算処理や電力のコストの対価として、仮想通貨が支払われることをマイニングといいます。

要は、自宅のパソコンを貸し出すと、報酬がもらえるということです。

マイニングのやり方とは?

マイニング自体は、個人でも簡単に始めることが出来ます。

代表的な方法としては、マイニング専用のソフトやアプリをインストールすることで、すぐにでも始められます。

代表的なソフトとしては、「MinarGate」などがあります。

MinarGateの画面

 

 

ここで、重要なポイントは、「普通のパソコンやスマホ」はマイニングに適していない、ということですね。

当然、処理能力の高いパソコンでないと、得られる報酬が少なくなってしまい、電気代さえペイ出来ない=赤字になるというケースがほとんどです。

個人でマイニングをされている方のブログを検索すると、上のようなことに…。

仮想通貨の価値が下がっているのもあいまって、マイニングの旨味はほとんどないようです。(それどころか損失に注意)

 

リスクをとって、マイニングをやるにしても、よほど高い処理能力か、マイニング専用のASICと呼ばれる性能を追加しないと、マイニングは現実的に行えないわけです。

そうした意味もあり、今回の仮想通貨マイニングマシンが発売されているわけですね。

個人のマイニングを勧めない理由

ここまで述べたように、マイニングの仕組み自体はシンプルなものです。

ですが、近年、マイニングの競争は激化しており(最も計算が早かった者に報酬が払われる)、スペックの高い専用機を何十台、何百台と抱える事業者なども現れており、個人がマイニングで稼げるなどという時代は終わっています

 

実際、電気代が安く、気候も寒冷な(パソコンの空冷にお金が掛からない)中国をはじめとする世界各国で、マインニングマシンをずらりと並べたマイニングセンターが、今、マイニングを行っているようです。とても個人が参入できる状態ではありません。

中国のマイニングセンター
(引用:ビットコイン新聞)

ということで、個人のマイニング自体を、当サイトでは勧めません。

仮想通貨マイニングマシンの検証

商材の検証に戻ります。

使い方や用途はシンプルです。マイニングマシンを設置して、リターンを待つだけ。

 

しかし、一番のネックは、年間利回り50%をうたっていますが、確証がないということですね。

一応、販売ページ上に、収益シミュレーションなるものが載っていますが、ただ“数字が書かれているだけで、何かの取引画面や明細ではない”ではないので、その利益が実現するなんの保証にもなっていません

そこに50万円以上払えますか…という気はします。

総合評価

C級:必要なし

 

理由1:個人マイニングの時期は終わっている

理由2:競争激化により、収益がさらに悪化する可能性が高い

理由3:利益が出る保証、根拠に薄い

 

普通の投資感覚で考えて、「年利50%!」というのは危ないです。笑

世界最高のヘッジファンドでも年利30%が限界。

そのような手段があるなら、なぜ、銀行や大手企業が、マイニングに参加していないのでしょうか?それこそ、このマシンを大量発注するはず、ですよね。

参考になりましたら幸いです。

アフィリエイト裏技ノウハウを、メルマガで配信中!
おすすめの記事